Staff

ごあいさつ

Recovery-Store代表の山田真吾です

Recovery-Store代表の山田真吾です。

私は、10年を越えるトレーナーキャリアの中、日々本当にたくさんの人のカラダを診させて頂いております。

長年の経験の中、初見で良いカラダと、良くないカラダを判別します。

その判別はどこでするのかと聞かれたら、私は迷うことなく〝カラダが柔らかく、関節が機能的に動くかどうか〟と答えます。

そして近頃、本当にカラダが硬く機能的に動かせない人が多く、正直なところ大変な危機感を感じます。

原因としては、多くの方が長時間のデスクワークや車の運転など〝長い時間座りっぱなし〟さらに日常生活は〝ほとんど歩かない〟という生活を送っているということです。

実は、人のカラダにとって最も負担になる動作とは〝長時間座ること〟で、そして最も不自然なこととは〝歩かないこと〟なのです。

私たちは日々、知らぬ間にカラダに大きな負担を強いられており、結果としてカラダはその機能と柔軟性を失い、あちこちが硬くなり、全身のコリ・腰痛・冷え性・むくみ・猫背・下半身太りなどの多くのエラーが生じております。

また、運動部の学生や、趣味スポーツの大人達も、身体のケアが正しく出来ていない・身体が正しく使えていない事で、運動パフォーマンスが下がる・身体を痛めてしまうケースやスポーツ傷害が増えております。

本当の意味で正しいフィットネスとは?と考えた上で、私が辿り着いた結論は、〝柔軟で機能的な身体をつくること〟そのような結論に至りました。 長年の身体の不調、スポーツ傷害、不自然な身体の太り方、そんな悩みを抱えている方に、身体を正すことで身体が劇的に変わる事を伝えたい!体感して欲しい!そんな想いからこのお店を立ち上げました。

どこに行っても、何をしても、どうしても良くならない!そんな方々が最後の頼ってくれるようなお店を目指します!

山田真吾
プロフィール

名前 山田 真吾
生年月日 1981.6.6
出身 大阪府寝屋川市生まれ磐田市育ち
血液型 B型
趣味 スポーツ観戦・登山・ゴルフ
スポーツ歴 サッカー・ボクシング
好きな
身体のパーツ
アキレス腱・肩甲骨
保有資格 たくさん持ってます!もし知りたい方はお気軽にどうぞ(笑)

略歴

  • 大阪での大学生時代、ボクシングにのめり込み、それをきっかけにトレーニングに興味を持ち、トレーナーを志す。(因みに大学の専攻は法学部で、スポーツ関係の大学ではありません)
  • 大学卒業後、大阪で会社員トレーナーとしてトレーナーキャリア開始。
  • 25歳で退社し、トレーナーとして独立を目指し上京。パーソナルトレーナーとして活動を開始すると同時に、特殊パーソナルストレッチを専門的に学べる養成機関に入り、2年間学ぶ。
  • トレーナーとしては〝強さとしなやかさを併せ持つカラダづくり〟の方針を掲げ、自重のみを使った体幹トレーニングや、特殊ストレッチを駆使し、パーソナルトレーナーとして2018年までの約10年での指導人数は延べ20,000人を超える。
  • " 2013年から浜松市佐鳴台にてパーソナルトレーニングスタジオDo-tight!(ドータイ)を運営。一般の方からプロアスリートの顧客まで幅広くトレーニング指導。

浜松パーソナルトレーニングスタジオDo-tight!(ドータイ)

浜松パーソナルトレーニングスタジオDo-tight!(ドータイ) 浜松パーソナルトレーニングスタジオDo-tight!(ドータイ) 浜松パーソナルトレーニングスタジオDo-tight!(ドータイ) 浜松パーソナルトレーニングスタジオDo-tight!(ドータイ)
  • 2018年5月、同佐鳴台地区で従来のトレーニングとは違う〝カラダを正すフィットネス〟カラダ回復フィットネス専門店Recovery-Store(リカバリーストア)をオープン。

鈴木涼子
プロフィール

名前 鈴木 涼子
誕生日 1995年8月3日
出身 浜松市浜北区(山育ち)
血液型 B型
趣味 ハイキング(山歩き)・映画鑑賞
スポーツ歴 水泳・ソフトボール
性格を一言で言うと 超マイペース
得意なストレッチ箇所 ダイエット・下半身痩せストレッチ&ワークアウト指導

メッセージ

鈴木涼子

私自身もこれまで身体のことで悩み、本や雑誌などを読んで色々と試してきました。

実際にやってみると、自己流では正しいのかどうかわからないし、思うような結果が出なくてすぐにやめてしまうこともたくさんありました。けど、正しいやり方を知って、身体づくりをするようになってからは、自分でも驚くほど身体が変わっていきました!

やっぱり悩んでいた身体が変わっていくと女性としては嬉しいですよね!今度は私が、身体の事で悩んでいる女性たちの手助けが出来れば嬉しいです♪

悩みを話してください。一緒に変えていきましょう!